2010年04月06日

初値は16万円=第一生命が東証に上場(時事通信)

 第一生命保険が1日、相互会社から株式会社に転換し、東京証券取引所1部に株式を上場した。初値は16万円と売り出し価格より2万円高かった。100万人を超える株主が一度に誕生し、上場時の時価総額が1兆4000億円に上る大型上場案件とあって、低迷する株式相場の起爆剤になるとの期待もある。東証は売買注文の殺到による混乱を避けるため、第一生命株の初日の売買を1回で終える特例措置を導入した。
 第一生命の保険契約者821万人のうち、120万〜130万人が株を受け取ったとみられる。上場に合わせて取得する人も含めると株主数はNTT(昨年9月末時点で125万人)を上回って150万人程度と、国内最多となる見通しだ。 

【関連ニュース】
第一生命が東証上場=国内最多の株主150万人
生保3社、株含み益3倍に=市場持ち直しで-3月末
本社看板は「相互会社」堅持=第一生命、株式会社化後も
売り出し価格14万円=第一生命、東証1部上場で
豪当局、第一生命の生保タワーへの出資引き上げ承認=最大49.9%

<火災>アパート全焼、焼け跡から2遺体 相模原(毎日新聞)
“幻の大豆”宇宙ステーションへ(産経新聞)
与謝野氏らとの連携否定=「コップの中の争い」と静観−民主(時事通信)
ネット競売でブランド物出品、落札者宅から盗む(読売新聞)
元親方、二審は懲役5年=時津風部屋傷害致死−名古屋高裁(時事通信)
posted by kopeexx9li at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。