2010年04月20日

診療所21件、病院と歯科医院各12件−昨年度の医療機関の倒産(医療介護CBニュース)

 帝国データバンクはこのほど、昨年度の医療機関の倒産45件の施設別内訳を明らかにした。それによると、病院12件、診療所21件、歯科医院12件で、診療所の倒産件数は2001年度以降で最多となった。帝国データでは、診療所の施設増に伴う競争激化が要因とみている。

 01年度以降の医療機関の倒産297件を施設別に見ると、病院72件、診療所136件、歯科医院89件。昨年度の病院の倒産は過去最悪を記録した06年度と同じ12件で、診療所では過去最悪だった07、08年度から1件増の21件だった。

 また、01年度以降の倒産形態を施設別に見ると、事業を継続する「民事再生法」が病院で42件(58.3%)と過半数を占めたのに対し、診療所は21件(15.4%)、歯科医院は16件(18.0%)にとどまった。診療所の倒産は115件(84.6%)が「破産」によるもので、歯科医院でも73件(82.0%)と8割を超えた。
 帝国データバンクでは、事業規模が小さい診療所や歯科医院では事業価値を見いだすスポンサーが現れにくく、破産を選択せざるを得ないケースが多いと分析している。


【関連記事】
医療機関の倒産、過去最悪の45件−昨年度
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新
老人福祉事業の倒産件数、3年で4.6倍
医療機関の倒産、過去最悪と同水準−帝国データ

時効撤廃法案 参院委で可決(産経新聞)
<火山噴火>旅行者100人足止め 成田空港(毎日新聞)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
女子高生80人「痴漢と戦います」撲滅へ出発式(読売新聞)
地震に津波、台風…「正しさ」迫られる防災情報 でも本当に必要なのは?(産経新聞)
posted by kopeexx9li at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。